PNF研究所

PNF研究所

本日のブログは御茶ノ水の武原が担当させて頂きます。

先日、ツインリンクもてぎにてSUPER GTの最終戦を観戦してきましたビックリマーク

SUPER GTは市販車を改造したマシンで競われます。

その中でも注目はGT500のクラス!!

レーサーには、脇坂寿一や本山哲、またテニスの伊達公子選手の夫であるミハエル・クルムなどがいますビックリマーク

鈴木亜久里や近藤真彦が監督するチームも参戦しています。

僕が応援をしにいったのは、イタリア人レーサーのロニー・クインタレッリですビックリマーク(実は知人ですチョキ

レース観戦といっても楽しみは予選・決勝のレースだけではありません。

チケットの種類には、ピットウォークやグリッドウォークというものがありますビックリマークピットウォークはレース前にピットロードにいくことができます。

そこでは、各チームがステッカー等を配布していたり、レーサーやレースクィーンのサインをもらえたり、写真を撮ることができます。(とにかくすごい人だあせる

しかし、もっとすごいのがグリッドウォーク。

(このパスは一般には売られていないようです)

レースマシンが並んだレース直前のコースにいくことができるのですラブラブ

マシンがこんな目の前に! (写真は鈴木亜久里チームのマシン)

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

また、取材や打ち合わせをしているレーサーの姿やマシンを最終調整しているところをみることができます!!

緊張感も伝わってきますドキドキ

(写真はチームS Road MOLA GT-Rの柳田とクインタレッリ)

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

この日は、雨が降ったりやんだりしていたので、タイヤの交換が直前まで行われていました。

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

レースはすごい音とともに迫力の走りフラッグ

応援するロニーは7位からスタート。

しかし、すごいテクニックで10周目は2位にビックリマーク

トップを走るチームとの差は一時7秒差があるが、徐々に追い上げ2秒前後まで詰め寄ります。

その後はこう着状態。ここで重要になるのがピットに入るタイミングやその速さ!!この速さやタイヤ交換の有無などの作戦でも順位は入れ替えるためドキドキです。

ピット後、交代した柳田レーサーは、差を1秒前後まで詰め寄るが、そのままフィニッシュ。最終戦は2位で終了しました。

優勝はチームZENTでした。

モテギは250km、約2時間のレース、その展開に終始興奮してしまい、あっという間に終了しました。

最終戦ということで、モテギのレースの表彰式後、シリーズチャンピオンの表彰式が行われました。

チームS Road MOLA GT-Rの柳田真孝・ロニー・クインタレッリの2人は、201120122年連続のシリーズチャンピオンに輝きました!!

同じペアドライバーでの2年連続優勝はこれが初となる快挙だそうですビックリマーク

(おめでとうクラッカー

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

皆様も興味があれば来シーズンSUPER GTをチェックしてみてくださいニコニコ

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

受付時間:9:30~19:00

受付時間:9:30~19:00