PNF研究所

PNF研究所

こんにちはビックリマーク

今回は西宮店の江口が担当させていただきます。

私事で大変恐縮ですが、先日41歳の誕生日ケーキを迎えました。

その日はちょうどPNF研究所 研修センターでの松田インストラクターによる、国際PNF協会ベーシックコースのアシスタントをさせて頂いていた日で、皆さんにお祝いしてもらい大変感激いたしましたニコニコ

そしてその日、私はある歌を思い出していました。

「41歳の春だから~音符の歌詞から始まる赤塚不二夫のアニメ・天才バカボンの歌です。

子どもの頃、この歌を聴いて41歳なんて遠い日だと思っていたものですが、早いものでその歳になりました。

そうです、「バカボンのパパ」は41歳の設定。

他人事とは思えずちょっと調べてみました。

バカボンのパパ生年月日は伝説のコメディアン・植木等と同じ。

バカボンのママもともとは天才児だったが事故でバカになってしまった。

バカボン血液型はBAKA型という特殊型。

はじめちゃん熊本出身で東京のバカ田高校を経てバカ田大学を首席で卒業。

本官さん基本的に無職だが、植木屋、大工、化粧品のセールスマン、僧侶、料理人、唐辛子の味見など職につくがことごとく解雇される。

レレレ名前は不明。表札には「バカボン」と書いてある。

などなど、へーと思うものからどうでも良いようなことまでありますが、哲学博士の出口光さんによると、

実は「バカボン」は仏教用語で「薄伽梵」と書き釈迦を意味するそうで、このことはトリビアの泉という番組でも紹介されたそうです。

そういえばバカボンのパパは、いつもこんな悟りの言葉を決まり文句にしていました。

「これでいいのだ」

すべての出来事や存在、今ここ、あるがままを受け入れる。

「これでよし」

私自身、この数か月間でいろいろと思慮することがあったのですが、このことをバカボンのパパに改めて気づかせてもらいました。

これからも人生でいただくご縁と今ここを大切に、なにがあっても「これでええんや」(関西弁にしてみました)で進んで行こうと思う41歳の春です桜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

受付時間:9:30~19:00

受付時間:9:30~19:00