PNF研究所

PNF研究所

こんにちはビックリマーク

國藤が担当させていただきます。

一月前になりますが、3次元で戦う世界最速アップのモータースポーツ・シリーズ、Red Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)RedBull2015年シーズンの第2戦目が、2015年5月16日(土)、17日(日)に千葉県千葉市美浜区の幕張海浜公園にて日本初開催されたのを皆さんご存知でしょうかはてなマーク

レッドブル・エアレースは、世界最高のレースパイロットたちが、高速で機動性に優れたレース専用のプロペラ飛行機を使用し、高さ25mの空気で膨らませたパイロン(エアゲート)で構成する低空の空中 コースを、最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術、判断力、体力そして精神力の限りを尽くし3次元でタイムを競う世界最速のモータースポーツであります。

エアゲートは2本のパイロン1組からなる「スタート/フィニッシュゲート」「シケインゲート」「水平ゲート」「ナイフエッジゲート」および、4本で1組の「クアドロゲート」が設定され、それぞれに異なる通過の仕方が決められ、ゲートへの接触や規定に満たない通過を行った場合、タイム加算あるいは失格のペナルティが科せられることになっていますショック!

そして、そんな過酷なレースの中で唯一の日本人パイロットの室屋義秀選手!!同世代で頑張っています。

予選は9位、決勝はラウンド・オブ・14はコースレコードでラウンド・オブ・8へ、しかしながらそこで敗退8位の結果となってしまいました。

今回のレッドブルエアレースが開催されるまで私はこんなレースがあるのは知らなかったです。

ここまでくるのに室屋選手の苦労は計りしません。

日本で約12万人もの観客が来てメディアにも紹介され、かなり認知度が上がったのではないでしょうか。

リスクの高いスポーツではありますが、今後も活躍を期待したいと思います。

また来年開催して欲しいです…ラブラブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

受付時間:9:30~19:00

受付時間:9:30~19:00