PNF研究所

PNF研究所

こんにちは。

今回は田園調布店の西村が担当します。

気付けばもう師走、今年も残すところ僅かですね。

例年この時期の私の関心事は、現在行われているFIFAクラブワールドカップ(前トヨタカップ)ですビックリマーク

ダウン昨年の王者、バルセロナビックリマーク

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

       

私がサッカー少年だった頃、フラメンゴのジーコや、グレミオのレナト・ガウショ、ユベントスのミシェル・プラティニ、ACミランのオランダトリオ(マルコ・ファン・バステン、ルート・グーリット、フランク・ライカールト)などなど、世界のスーパープレーヤーの活躍に魅了され 、大興奮していたのを昨日のことの様に覚えています。

(ダウン1985年第6回大会のプラティニ) 

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

テレビでサッカーがあまり放映されていない時代、この大会と高校サッカー選手権大会やワールドカップ、そしてテレビ東京のダイヤモンドサッカーが私たちの貴重な情報源でした。

試合を見終わって公園に行くと、友達もやっぱり集まっていて、いろいろな選手の真似をして遊んでいたものです。

さて、今年のクラブW杯、どんなドラマが起こり、世界中の子供たちに夢を与えるどんなスーパープレーが現れるのか、とても楽しみですビックリマーク

日本のサッカーが近年着実に力をつけてきたのには、このような大会を継続してくれて、世界の高いレベルのサッカーを目にする機会を提供し続けてくれた日本企業のサポートがあったことも深く関係していると思います。

ワールドカップに出場するようになって初めて日本サッカーは本当の国際試合を体験し、敗戦を糧に本格的な強化に取り組んできました。

日本サッカー協会の2005年宣言では、2015年に「世界のトップ10」、2050年に「FIFAワールドカップ日本開催、そして優勝」と掲げられています。今後さらに発展を続けて行く日本サッカーの未来、ますます夢が広がりますビックリマーク

そして今では毎日どこかでサッカーの映像が見られ、話題に接することができます。これはサッカーしか特に趣味のない私にとって、とても幸せなことです!!

2012年もサッカー三昧の一年となりましたサッカー

昨年末は柏レイソルのJ1初制覇や、専修大学が初の大学王者になるなど応援するチームが好成績を収め、興奮冷め止まぬ年越しになりました。

今年は正月の天皇杯に始まり、高校サッカー市立船橋の優勝。

なでしこ澤選手のバロンドール受賞。

海外リーグでの日本人選手の活躍。EURO2012

欧州チャンピオンズリーグ。

ロンドンオリンピックなでしこジャパン銀メダル、男子44年振りのベスト4。

日本代表ブラジルW杯アジア予選順調勝ち。

U-20女子W杯ヤングなでしこ銅メダル。

フットサルW杯初の決勝T進出とカズ選手出場。

最終節まで大いに盛り上がったJリーグ。

そして現在開催されているクラブW杯と、サッカ ーの話題は枚挙にいとまが無い状況でした。

来年も観戦して、自らプレーして、選手のサポートをして、いろいろな角度からサッカーを存分に楽しむ一年にしたいと思いますニコニコ

ダウンフットサルにて。中央番が私です。)     

PNF研究所 御茶ノ水 のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

受付時間:9:30~19:00

受付時間:9:30~19:00