PNF研究所

PNF研究所

こんにちはビックリマーク

西宮店の江口です。

今回は、読むと必ず感動し、また感謝したくなる、ある書籍をご紹介したいと思います。

これです

はい、絵本なんです本

お話は、5歳の男の子がおじいちゃんに 『ねえ、おじいちゃん、おじいちゃんのお父さんはどんなひとはてなマーク』と尋ねるところから始まります。

おじいちゃんはひいおじいちゃんと、ひいひいおじいちゃんのことをぼくに教えてくれます。

『ねえ、ひいひいおじいちゃん、ひいひいおじいちゃんのお父さんはどんなひとはてなマーク

そこからどんどん時代がさかのぼっていきます。

おじいちゃんからおじいちゃんへ、そのまたおじいちゃんへ‥ そしてたどりついたところは原始時代ビックリマーク

『ぼくのおじいちゃんは、おさるさんはてなマークはてなマーク』‥

もちろん、くわしい内容はふせておきますね(^^)

絵本は子どものためのもの、と思いがちですが、実は大人が読む方が哲学的でハッとさせられたり、大きな気づきを得たり、ただただほっこりしたり、感動のあまり涙したり、爆笑したりといったことが起きます。

この本は、その中でも私が出会ったお気に入りの絵本のひとつです。

私はこの絵本を、実は自分のために買いました。もちろん、子どもに読んでもらうためでもありますが、自分が時々これを開いて、いまここにいるありがたさ、奇跡を思い返しています。

そうすると普段遭遇する、嫌だなあと思うような出来事もとてもちっぽけに思えます。

絵本はすごいですラブラブ

昔、子どもの頃に呼んだものを今になって読んでみると、まったくとらえ方が変わっていたりします。また、人それぞれでとらえ方が違うのもおもしろいところです。

機会があればぜひぜひ読んでみてくださいニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

受付時間:9:30~19:00

受付時間:9:30~19:00